So-net無料ブログ作成
検索選択

日本代表チュンソン決勝ゴールで柏レイソル快勝!3位浮上 [柏レイソル]

柏は北京五輪代表候補FW李忠成(22)のゴールでG大阪を1-0で下し、首位・浦和と勝ち点3差の3位に浮上した。
若き主砲が柏を引っ張っている。
2年前の七夕は「J1昇格」を願っていたはずの子供たちが、本気で絶叫していた。「優勝! Jリーグ優勝だ!!」。そう短冊に書いても恥ずかしくないゲームを、柏がまたまたやってのけた。 「願い事? 日本一のチームになること」 そう笑うヒーローはFW李忠成。後半30分、左足故障から復帰して今季初先発のブラジル人FWフランサからの絶好のボールに、左足を振り抜く。23メートル先のゴール右隅へ突き刺した。6月28日の浦和戦(国立)に続く2戦連発の今季4得点目が決勝点。前節の“カズダンス”に続き、今度はひざまずいて眉間を指でつまむ“ビスマルク・ポーズ”。7日からの五輪代表候補合宿への景気づけにもなった。 これでリーグ戦最近6戦を4勝2分けで、首位・浦和と勝ち点3差の3位に浮上。しかも06年J覇者の浦和を2-1で撃破し、05年覇者のG大阪も打倒。浦和戦の前には昨季Vの鹿島と1-1ドロー。今年のアジアCLに出場するJリーグ現3強との3連戦に、2勝1分け。2季前の06年はJ2に沈んでいたとは思えない奮闘ぶりだ。 「粘り強さがこのチームのよさ」とDF古賀。絶対に走り負けないことをテーマに、強敵にも食らいつく。現A代表はゼロ。その分、W杯予選によるリーグ中断期間中、フィジカル強化に励んだ。ここ6戦で総失点2と守備は鉄壁。この日もDF小林が相手シュートを顔面でブロックするなど、懸命に守り抜いた。 過去最高位は99、00年の3位。しかし、大黒柱のフランサが戻ったことに、李は「まだコンビは30%。もっと上がる。楽しみ」。気が早い? いや、初Vを夢見たくなる七夕前夜だった。


2008-07-07 09:47  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。