So-net無料ブログ作成

東利夫を永久追放に!明らかな誤審をした「東利夫」とボビーを不正に退場にした「飯塚富司」を審判から永久追放せよ [千葉ロッテマリーンズ]

竹原のショートゴロを、一塁小久保が落球した。
落球して、セーフとは、いったい何の競技か??

誤審をした永久追放されるべき一塁塁審「東利夫」の位置からは死角のはずだ。
それでも、落球したのにセーフの判定を出すのは、アルツハイマーか麻薬中毒
でなければ、尋常な人間のすることではない。こんな審判がいるパリーグに試合
など見る価値がない。即刻永久追放が当然だ。

永久追放されるべき低俗審判「東利夫」には前科があった。
「東利夫」をwikiから参照
2007年4月8日のオリックス対西武3回戦(スカイマークスタジアム)でテリー・コリンズ監督を退場させた

同じく、不正にボビーバレンタイン監督を退場させた、永久追放されるべき「飯塚富司」には
島国根性むき出しの醜い差別意識があった。
「飯塚富司」をwikiから参照
審判員としては不可解なジャッジが多く、特に外国人選手から抗議を受けることが多く、それに対し感情的に反論するところがよく見受けられる。

人間ならば間違いもする。しかし、間違いを認めて謝罪もできず、間違いが正しい結果として残ってはならない。
反省だけなら猿でもできる。猿以下の「東利夫」「飯塚富司」は即時解雇し、プロ野球界から永久追放すべきだ。


2009-04-19 16:18  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。